エコ化を実現

太陽光パネルを使うことによって、エコ化を実現することができます。まずは、太陽光発電に必要な機器について調べてみましょう。チェックリストで紹介していきます。

太陽光発電機器リスト

  • 単結晶シリコン
  • 多結晶シリコン
  • パワーコンディショナ
  • 接続箱
  • モニタ
  • 蓄電池

太陽光パネルについて

太陽光パネルは大きく二種類に分けることができます。それは、単結晶シリコンと多結晶シリコンです。2つのパネルを比較してみましょう。また、太陽光発電のメリットについても紹介していきます。

単結晶シリコンと多結晶シリコンの違い

発電ロスが少ない単結晶シリコン

単結晶シリコンパネルは発電のロスが少ないと言われています。理由としては規則正しく並んだシリコンの結晶のおかげです。単結晶のシリコンは純度が高いので、発電ロスを抑えることができます。減量は形ケイ石と呼ばれている石です。この原料を一度溶かしてから、結晶にします。一度溶解した単結晶シリコンはインゴットと呼ばれ、これを切り出して太陽光パネルとするのです。単結晶シリコンは見た目の美しさも特徴でしょう。発電効率が高いことで、太陽光パネルの面積を小さくすることができます。屋根の面積がそれほど大きくなくても安心です。高い発電量を誇ります。ただ、コストパフォーマンスの面では多結晶シリコンに劣ってしまうでしょう。コストよりも発電量を重視する方は単結晶シリコンを選ぶのがおすすめです。

コストに優れる多結晶シリコン

コストパフォーマンスに優れているのが、多結晶シリコンです。単結晶シリコンに比べても、低いコストで太陽光パネルを設置することができるでしょう。多結晶シリコンは、単結晶インゴットを切り出す際のシリコン粒から作られます。シリコン粒を加工することで、多結晶シリコンが出来上がるのです。パネルにまだら模様が浮かぶのが多結晶シリコンの特徴でもあります。単結晶シリコンと比べると、独特の風合いがあるでしょう。京セラなどが多結晶シリコンの太陽光パネルを扱っています。パネルが大きくなるので、広い屋根のある住宅に設置されることが多いでしょう。また、平地に設置することもあります。単結晶シリコンよりも、広い接地面積が必要となるのです。基本的に安く太陽光パネルを取り付けたい方は、多結晶シリコンを選ぶ傾向があります。

[PR]

新電力情報まとめ
乗り換えてもっとお得に♪ エスコシステムズの特徴とは?
有益な情報を大公開☆ 太陽光発電パネルを群馬で設置してもらおう
優良店を要チェック! 電気料金をラクラク比較☆
電気代を節約したいなら要チェック! 宮城で太陽光発電を設置してもらおう
節電対策に効果的♪

太陽光を使って発電

パネル

光熱費を抑える

福岡や名古屋ではエコ志向が高まってきています。その為、太陽光パネルを住宅の屋根などに設置する方が増えてきているのです。中でも、京セラ太陽光発電がとても人気です。高いコストパフォーマンスを誇ります。太陽光発電を導入すると、光熱費を抑えることができるでしょう。太陽光パネルの設置とオール電化によって、これまでの光熱費を80パーセント程度カットすることも可能です。経済的な負担を大幅になくすことができるでしょう。さらに、余剰電力量も出てきます。これは家庭では使い切れない余った電気のことです。この余った電気を売ることで、現金に変えることができます。生活環境を豊かにしてくれるでしょう。光熱費を抑えるだけではなく、プラスアルファのメリットを得ることができるのです。さらに、太陽光発電で蓄えた電気は災害時にも利用することができます。万が一の停電でも、電気を使うことができるのです。オール電化を導入する時には、電力会社の見直しをする絶好のタイミングです。見直しの際には、電力を使う時間帯や電気を使用する量をしっかりと調べるのが良いでしょう。最近は電力自由化により、様々な企業が電力業界に参入しています。提供されているプランも電力使用量が多いほど割引率が高いプラン、夜間電力が割引になるプランなど、企業ごとで目玉プランが異なるため、しっかりと比較を行なうのがお勧めです。

安価で手に入る

これまでは太陽光発電を導入する場合、大きな負担が発生していたのです。ですが、最近では太陽光発電の性能も向上し、太陽光パネルの価格も下がってきています。太陽光パネル一枚あたりの発電量も、以前とは比べ物にならないでしょう。小さな面積で、十分な量の発電量を確保することができるのです。さらに、以前よりも安価で太陽光発電装置を設置することができます。誰でも手軽に太陽光パネルを設備できるようになってきているのです。誰でも簡単に太陽光発電の恩恵を受けることができるでしょう。太陽光パネルの種類を選ぶことで、より費用を抑えることができるでしょう。以前に比べても、7割程度価格が下がっていると言われています。オール電化も手軽に行なえます。太陽光パネルの設置と一緒に、オール電化にする方も多いのです。設置費用の面で、太陽光発電の導入を諦めていた人も多いでしょう。ですが、現在はそのような問題も払拭されているのです。

[PR]

広告募集中